FC2ブログ

数値にこだわって作製しました。

先日来店されたお客様ですが、



「バランスは0.1刻みで合わせました」

「ロフト、ライも0.1度単位で調整しました」




でも、Fittingはしてませんという方でした。







私:「ではバランスはどのように合わせたんですか」とお聞きすると、


お客様:「えっ



私:「何かを基準にしたと思うんですが、例えばすごく簡単にですが、C5とD5を打ったら、C5の方が内容のいいスイングができ、飛距離も伸びたのでC5にしただとか


お客様:「



お客様:「ただD1.7になっただけだと思います」







私:「ではなぜそのライ角になったんですか




お客様:「アドレスをした時に、トゥ側に少し隙間があくぐらいです



私:「それってインパクトと違うと思いませんか



お客様:「確かに、そうですね







私:「そのロフトは




お客様;「カタログ数値に合わせました




私:「今から、Fittingしていくとわかると思いますが、スイングによって、少しづつですが変わるはずです。ヘッドスピードの遅い人は、インパクトでの衝撃が少なくなるので、ロフトが立ってくると、スピン量が少なくなります。するとボールは上がっていかないので、増やさないといけないと思います。また、その逆も考えられ、色々な選択肢が含まれてきます」

  「なので、打ってみて色々な数値を見ながら、ロフトを寝かす、立てる、ピッチを少なくする、多くする、など工夫していかないといけません」


お客様:「なるほど」








いざFittingが始まり、実際に体感していただくと、ご理解いただけたようでした。









クラブを細かい数値で、こだわりを持って作りました。
となっても、その人その人でそれぞれ違うんです。
それを合わさないで作ったとしても、クラブの数値は完璧でも、その方に合った完璧なクラブかというとそうではないと思います。







バランス、ロフト、ライをコンマ単位で、スパインは完璧に、異物は入っていません、すべて数値は完璧です。
それはクラブは完璧なだけです。
あなたにとっての完璧ではありません。


なぜなら、あなた自身をFittingして作製したクラブではないからです。



人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント