FC2ブログ

最後は!

時間が出来たので再確認です。





このGEARSを使うようになり、スイングを色々と考えるようになりました。




以前はここまで考えることはなかったように思います。






そして、シャフトの撓りを量は増やしたり減らしたり、あるいはトゥダウンを増やしたり減らしたり、が出来るようになりました





撓り量やトゥダウンは、ありきたりな増やし方減らし方ではなく、物理的に考えた増やし方、減らし方が



すると、お客様の癖を見つけ出すと、シャフトがどのような動き方をするのかが予測できるようになります。





そうなれば、GEARSじゃないと出来ないという事もなくなってきます。





実験していくと、それらは少しづつ確立されていくので、楽しくもなってきます。


GOLF LAB TEST - 2018-7-13 - Swing 5 - Snapshot 1



そんな中、本日も確立できだと思います。

何かは、すいません
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント